ニンテンドースイッチのスタンド・ドックおすすめ10選|性能を比較・解説

ニンテンドースイッチには「テーブルモード」「TVモード」といった画面を手で持たずにプレイするスタイルがあります。

この2つのモードには「本体スタンド」「Nintendo Switchドック」が必要になってくるのですが、これらの純正品はデメリットが多く使いにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。

本記事では使いやすさを改善したニンテンドースイッチ用のスタンド・ドックを15選してご紹介します。

スイッチの本体スタンド・ドックのデメリット

まず本体スタンドと純正Nintendo Switchドックのデメリットをまとめてみます。

これらのデメリットを解消することができればより快適にプレイすることができるでしょう。

本体スタンドのデメリット

本体スタンドのデメリット
  1. 開閉が固すぎる・ゆるすぎる
  2. スタンドが細くて不安定
  3. 充電しながらプレイできない
  4. 好きな角度に調節できない

本体スタンドは固すぎて開かなかったり・逆にゆるすぎて取れてしまうという声をよく聞きます。ちなみに僕のスイッチは固すぎて開くときが少し怖いです。

角度調整もできないので中途半端に開くと不安定になりプレイ中に倒れてしまうこともあるんですよね。

また本体スタンドを使ってテーブルモードでプレイしていると充電ケーブルの差し込み口がふさがって充電しながら遊べないという点や、長時間プレイしていると充電切れをおこしてしまうという点もデメリットです。

Nintendo Switchドックのデメリット

Nintendo Switchドックのデメリット
  1. 有線LANポートがない
  2. 配線が抜き差しにくい
  3. 熱がこもりやすい
  4. 脱着時に画面が傷つく

純正品の「Nintendo Switchドック」は有線LANポートがないため、別売りの「有線LANアダプター」をUSB端子に接続しないと使えません。

また配線ポートがドック背面のカバーを開かないと挿せない形状をしているので抜き差しの手間がかかるという点や、ドックに通気口がほぼないため熱がこもりやすく電源がつかなくなるという症状もあります。

ドックへの抜き差し時に画面に傷がつきやすいため保護フィルムは必須になるという点がデメリットになりますね。

スイッチのスタンド・ドックおすすめ10選

ではこれらのデメリットを踏まえて機能を改善したスタンド・ドックを10商品紹介していきます。

各商品ごとに性能を比較できるように表にしてありますので、自分のプレイスタイルに合った商品を選んで頂ければと思います。

がるしー
性能一覧表はスライドできるよ!
 [任天堂]
Nintendo Switch充電スタンド
フリーストップ式
[ホリ]
ポータブルUSBハブスタンド
for Nintendo Switch
[ホリ]
ポータブルUSBハブスタンド2ポート
for Nintendo Switch
[ホリ]
NEWプレイスタンド
for Nintendo Switch
[サイバーガジェット]
CYBER・USBポート付き
ミニ充電スタンド
[サイバーガジェット]
CYBER・
コンパクトスタンド
[Lomicall]
折り畳み式スタンド
[Colourfulstar]
Nintendo switch ドック
[Vivefox]
Nintendo Switchドック
[Foxnovo]
ニンテンドースイッチ用
Joy-Con充電スタンド
純正・非純正任天堂純正品任天堂ライセンス品任天堂ライセンス品任天堂ライセンス品非純正品非純正品非純正品非純正品非純正品非純正品
販売元任天堂ホリホリホリサイバーガジェットサイバーガジェットLomicallColourfulstarVivefoxFoxnovo
配線ポート数USB-C × 1USB2.0 × 4
USB-C × 1
USB2.0 × 4
USB-C × 1
なしUSB-A3.0 × 1
USB-C × 1
なしなしUSB2.0 × 2
USB3.0 × 1
USB-C × 1
HDMI × 1
USB2.0 × 2
USB3.0 × 1
USB-C × 1
HDMI × 1
Joy-Con充電ポート × 2
Proコン充電ポート × 1
本体充電ポート × 1
充電プレイ可能可能可能可能(本体充電ポート使用)可能可能(本体充電ポート使用)可能(本体充電ポート使用)可能可能可能
角度調整自由(フリーストップ)4段階(30°、40°、50°、60°)4段階(30°、40°、50°、60°)3段階(30°、50°、60°)なし4段階自由(270°まで)3段階なしなし
排熱機能なしなしなしなしなしなしなしありありなし
TV出力なしなしなしなしなしなしなしありありなし

各製品の情報は下でくわしくまとめてあります。

[任天堂] Nintendo Switch充電スタンド フリーストップ式

純正・非純正任天堂純正品
販売元任天堂
配線ポート数USB-C × 1
充電プレイ可能
角度調整自由(フリーストップ)
排熱機能なし
TV出力なし

任天堂が発売している純正品の充電スタンドになります。

フリーストップ式のため角度の調整は好きな角度で止めることが可能。USB-Cポートが1つ付いているため充電しながらテーブルモードでプレイすることができます。

シンプルで余計な機能はついていないため小型で手のひらに収まるサイズで、折りたためば持ち運びしやすく旅行先で遊ぶ用にあると良さそうです。

[ホリ] ポータブルUSBハブスタンド for Nintendo Switch

純正・非純正任天堂ライセンス品
販売元ホリ
配線ポート数USB2.0 × 4
USB-C × 1
充電プレイ可能
角度調整4段階(30°、40°、50°、60°)
排熱機能なし
TV出力なし

ホリが販売しているため任天堂から許可を受けたライセンス品となっています。

USB2.0ポートが4つあるのでキーボードや有線LANアダプター、プロコンの充電などをしながらプレイなど周辺機器をたくさん接続することができます。

角度は4段階に調節可能で折りたたむと配線ポートが隠れる仕様も良い。

[ホリ] ポータブルUSBハブスタンド2ポートfor Nintendo Switch

純正・非純正任天堂ライセンス品
販売元ホリ
配線ポート数USB2.0 × 2
USB-C × 1
充電プレイ可能
角度調整なし
排熱機能なし
TV出力なし

ホリ製のライセンス品。先ほどのUSB2.0が4ポートあったのに対してこちらはUSBが2ポートのタイプです。

角度の調整機能がないので、角度も気にしないしUSBが4ポートも必要ないという方はその分値段が安いのでこちらのスタンドで十分でしょう。Nintendo Switch Lite対応品。

[ホリ] NEWプレイスタンド for Nintendo Switch

純正・非純正任天堂ライセンス品
販売元ホリ
配線ポート数なし
充電プレイ可能(本体充電ポート使用)
角度調整3段階(30°、50°、60°)
排熱機能なし
TV出力なし

同じくホリが販売している任天堂ライセンス品。Nintendo Switch Lite対応。

先ほどのスタンドとの違いは配線ポートが一切なく、スタンドのみという点。

ただスタンドが高い位置にあるためプレイ中も純正充電ケーブルが挿せるようになっています。また角度調整も3段階とシンプル。

折りたたんだ時の厚さが18mmのため軽量でコンパクトな形状なのが特徴。

[サイバーガジェット] CYBER・USBポート付きミニ充電スタンド

純正・非純正非純正品
販売元サイバーガジェット
配線ポート数USB-A3.0 × 1
USB-C × 1
充電プレイ可能
角度調整なし
排熱機能なし
TV出力なし

サイバーガジェット製のコンパクトな充電スタンド。

USB3.0が1ポート正面についているので抜き差ししやすい点と、角度調節ができないがその分小型で軽量なので持ち運びに便利。長さ1mのUSB-A~USB-Cケーブルがついています。

[サイバーガジェット] CYBER・コンパクトスタンド

純正・非純正非純正品
販売元サイバーガジェット
配線ポート数なし
充電プレイ可能(本体充電ポート使用)
角度調整4段階
排熱機能なし
TV出力なし

同じくサイバーガジェット製のスタンド。

Nintendo Switch Lite本体にも対応していてプレイしながら充電ケーブルを差し込めるようにスタンドに穴が開いています。

またこういったコンパクトスタンドタイプはスイッチを縦置きすることもできるのでゲームによってはより使いやすくなります。

[Lomicall] 折り畳み式スタンド

純正・非純正非純正品
販売元Lomicall
配線ポート数なし
充電プレイ可能(本体充電ポート使用)
角度調整自由(270°まで)
排熱機能なし
TV出力なし

Lomicall製の折り畳み式スタンドです。

角度は270°まで自由に調整可能で、充電しながらプレイもできるようスタンドに溝がついています。

またスイッチだけでなくiPhone、iPadなど厚さ14mm以下の液晶なら設置可能なので汎用性も高く、折りたためば厚さ3mmと収納しやすい点が良い。

[Colourfulstar] Nintendo switch ドック

純正・非純正非純正品
販売元Colourfulstar
配線ポート数USB2.0 × 2
USB3.0 × 1
USB-C × 1
HDMI × 1
充電プレイ可能
角度調整3段階
排熱機能あり
TV出力あり

こちらの商品はUSBポートが計3つにHDMIポートまでついています。

周辺機器を接続しながらもHDMIポートでTVやプロジェクターに出力も可能、ドックについているボタン1つで切り替えることができます。

小型ですがドック両側に排熱口がついているので放熱性にすぐれているのも特徴。

[Vivefox] Nintendo Switchドック

純正・非純正非純正品
販売元Vivefox
配線ポート数USB2.0 × 2
USB3.0 × 1
USB-C × 1
HDMI × 1
充電プレイ可能
角度調整なし
排熱機能あり
TV出力あり

先ほどのNintendo Switchドックとポート数・性能はほぼ一緒ですが、形状が少し違います。

スイッチ液晶部分にサイズを合わせたドック設計が特徴的で、排熱口と配線ポートがキレイに背面についているので見た目重視ならこちらがオススメ。

ただ角度調整はできないのでご注意ください。

[Foxnovo] ニンテンドースイッチ用 Joy-Con充電スタンド

純正・非純正非純正品
販売元Foxnovo
配線ポート数Joy-Con充電ポート × 2
Proコン充電ポート × 1
本体充電ポート × 1
充電プレイ可能
角度調整なし
排熱機能なし
TV出力なし

こちらの商品はJoy-Con2個、Proコン、本体の急速充電が4つ同時にできるという商品です。

本体を充電しながらスタンドとしても使うことができるほか、ゲーム終了時にすべてのコントローラーを一緒に充電しながら収納できるという点が良いですね。

ニンテンドースイッチのスタンド・ドックおすすめまとめ

以上、ニンテンドースイッチのスタンド・ドック10商品の性能をまとめてみました。

選び方としてはまず自分にはどんな機能をもったスタンド・ドックが必要なのか、 各種ポート・角度調整機能・排熱・TV出力は本当に使うのかを確認して購入するものを決めるといいでしょう。

寝ながらスイッチができるタブレットアームスタンドを試してみた【Nintendo Switch】 スイッチ・スイッチライトの同梱物や必要なもの、周辺機器まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です