【ニンテンドースイッチ】スリープの詳細設定・解除方法まとめ

ニンテンドースイッチでは、スリープモードといって完全に電源を落とすことなく消費電力を抑えながらゲームを中断することができる機能がついています。

スリープを解除することですぐに続きからプレイすることができて便利な機能です。本記事ではニンテンドースイッチのスリープモードの詳細設定や解除方法・検証などをまとめています。

ニンテンドースイッチをスリープにする方法

ニンテンドースイッチでスリープ状態にするにはいくつかの方法がありますので確認していきましょう。

①ゲーム中に電源ボタンを直接押す

ゲーム中に直接電源ボタンを押すことで画面が消えてスリープ状態にすることができます。

この際電源が落ちているわけではなく、一時的に画面が消えているだけなのでスリープ状態を解除することでふたたび続きから遊ぶことができます。

ただしスリープ状態のまま電池がなくなるとセーブデータが消えてしまうため注意が必要です。

②登録しているコントローラーのHOMEボタンを長押しする

意外と知られていないのがこちらの方法。実はコントローラーのHOMEボタンを1秒間長押しするとスリープモード・機内モードの選択・画面の明るさ設定を変更することができます。

これにより直接電源ボタンを押しに行くのがめんどくさい時、例えばテーブルモードやTVモードでプレイ中にコントローラー上からスリープモードにすることができるため大変便利な機能となっています。

ニンテンドースイッチのスリープを解除する方法

今度は逆にスリープ状態を解除するいくつかの方法を確認してみましょう。

①電源ボタンを直接押す

スリープ状態中にもう1度電源ボタンを直接押すことでスリープを解除することができます。

②使用しているコントローラーのHOMEボタンを押す

スリープモード中に使用しているコントローラーのHOMEボタンを押すことでもスリープ状態を解除することができます。

TVモード中でもコントローラーが手元にあればHOMEボタンを押すことでスリープ状態を解除して続きから遊べるため、いちいち本体の電源ボタンを押しに行かなくても大丈夫です。

スリープモードの詳細設定と解除方法

スリープモードの詳細設定は「HOME画面」→「設定」→「スリープ」で変更することができます。

詳細な設定内容を確認してみましょう。

本体画面であそぶときの自動スリープ

携帯モード・テーブルモードで遊ぶときに自動でスリープモードに移行する時間の詳細設定です。

「1分」「3分」「5分」「10分」「30分」「設定しない」の6種類から設定することができ、設定しないを選ぶとスリープモードに自動で切り替わらないようになります。購入時の初期設定は10分となっています。

スイッチで動画を見たり、ゲームで長時間コントローラーや画面に触らないような場合はこの設定時間を長くしたり、設定しないを選ぶようにするといいでしょう。

テレビであそぶときの自動スリープ

こちらはTVモードで遊ぶときに自動でスリープモードに移行する時間の詳細設定です。

「1時間」「2時間」「3時間」「6時間」「12時間」「設定しない」の6種類から設定することができます。購入時の初期設定は1時間となっています。

TVモードでプレイ中の場合は短い時間でスリープモードに移行されないように設定されています。こちらも自分のプレイスタイルに合わせて設定しておくといいでしょう。

コンテンツ再生中は自動スリープしない

この設定を「ON」にすると動画などのコンテンツ再生中はスリープモードに移行しなくなります。

「OFF」の場合でもコンテンツ再生中は4時間の間スリープモードに移行しないようになっています。

4時間以上コンテンツ再生をする方でスリープ状態にしたくない方は「ON」にしておくといいでしょう。

ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除

この設定は「ON」にしておくと充電をやめたときに自動でスリープモードが解除されます。

携帯モード・テーブルモードでは充電コードを抜いたとき、TVモードではドックから本体を抜いたときなどに自動でスリープ状態が解除されるのですぐにプレイすることができます。

けっこう便利な機能なので「ON」にしておくといいでしょう。

スイッチの電源を完全にオフにする方法

次にスリープ状態ではなく、ニンテンドースイッチの電源を完全にオフにする方法を解説していきます。

電源ボタンを3秒間押し続ける

スリープではなく電源をしっかり切っておきたいときは電源ボタンを3秒間押し続けることにより、「電源オプション」→「電源OFF」を選ぶことで電源を完全にオフにすることができます。

「電源オプション」→「再起動」の場合は一度シャットダウンしてからふたたび電源オンになり再起動されます。

スイッチがフリーズして電源オフできない時に強制シャットダウンする方法

熱暴走や処理エラーによりスイッチがフリーズしてしまい、電源ボタンを押しても画面が消えない場合は強制シャットダウンで電源をオフにしましょう。

電源ボタンを12秒以上押し続ける

電源ボタンを12秒以上押し続けることにより電源オプションを選ぶことなく強制的に電源オフ状態にすることができます。

フリーズしているためにセーブができていない場合は、セーブデータが消えてしまう可能性があるためご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です